2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2011.12.02 (Fri)

本日、みこし闘争!

本日、おみこしで学生センターへ突入し、総長宛に文書を提出する抗議行動を行いました!

写真などが入り次第、詳細をまた記します。

取り急ぎ。



文責 菅谷圭祐
19:01  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  編集  |  Top↑

2011.12.02 (Fri)

提出文書文面②

以下は総長宛への文書提出をした理由の文書内容です。


総長への文書提出について


 過去の学生センターの対応より、学生センターは学生対応窓口としての能力を有していないと判断するに至りました。以下にその代表例を列記します。

1学生対応の不備
 2011年前期を中心に行われた飲酒ルールに対する学生からの抗議において、学生側は複数回に渡り、文書での回答を求めましたが、学生センター側は記録の残らない口頭回答に終始し、要求どおり文書での回答が行われことはありませんでした。
 抗議活動に関わっていた学生と、その回答を待ち望む学生の人数を鑑みれば、密室で数人の学生に対し口頭説明をすれば済むレベルではないことは理解できたはずです。学生センターの方針は学生の声を真摯に聞くことにあるのではなく、問題の沈静化と責任の転嫁にあることがわかりました。

2学生の声を上部部署へ届ける能力の不足
 2010年前期にピロティ下のベンチ机が撤去された際、当時の市ヶ谷学生センター長はその決定を直前まで知らされておらず、また学生からの「机撤去を決めた部署の開示」を求める質問に対しても「施設を管理する部署」という非常に不明瞭な答えを返すことしかできませんでした。真偽のほどは別にして、学生の憩いの場であったピロティ下の机撤去を学生センター長が直前まで知らされていなかった事実は、学生センターという部署の弱さを表しており、学生の情報開示に対して詳細な情報を伝える責任を果たせないことが伺えます。このような部署では学生の声を大学の運営を担う部署に届け、反映させることは難しいことがわかります。

3学生生活の改善努力の放棄
 現在でも学内を闊歩し、学生を監視・威圧する青ジャージ職員に対して、その所属について正式な返答が提示することができていません。学生を盗撮し、学生生活に恐怖を与える存在となっている職員についての正しい情報の開示すらしない部署と信頼関係の構築は不可能です。

4学生対応でミスを犯した際の改善意識の低さ
 上記でもふれた2010前期年ピロティ下机撤去、2010後期飲酒ルール制定は学生生活に大きな影響を与えるにも関わらず学生側の了承なしに一方的に決定されたものです。
 この決定に対して個人レベルで学生センター職員から「あれは間違いだった」という声は何度か聞きましたが、それを組織レベルでの謝罪、状況の改善に結び付けようとする姿勢は皆無です。学生センターは本来向き合うべき学生をまったく見ておらず、その上役からの決定に従い顔色を伺うだけの組織となっています。このような姿勢では今後どんなに対話を積み重ねようとも、学生の置かれた現状は改善されません。

 以上のような事実から、学生センターとの対話では学内環境を改善することは不可能と判断しました。
そのため今後は実際に権限を有する増田総長と直接交渉を行うため「学内環境改善要求書」を提出することとしま した。
今後は増田総長ご自身から直接の返答がされることを望みます。

以上

文学部哲学科四年 菅谷圭祐
18:58  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  編集  |  Top↑

2011.12.02 (Fri)

提出文書文面① 

本日総長あてに以下の内容の文書を提出しました。

学内環境改善要求書

近年、法政大学では管理強化・キャンパス再整備が推し進められてきました。
この間定められた「ルール」「再整備」の多くは、大学の主な構成員であり、当事者たる学生が自ら取りまとめた声を反映せず、或いは耳を傾けずに強行されたものでした。こうした度重なる大学の一方的な押し付けの前に、学生が本来身につけ発揮すべき主体性・自主性は徐々にかつ確実に損なわれてきています。
直近の事例をあげれば、市ヶ谷キャンパス内のホットスポット問題や、今年度前期の日曜日キャンパス閉鎖など、数年前ならば当事者たる学生から主体的に声があがっていた身近な問題に対しても、度重なる「押し付け」の結果、当事者意識が損なわれ要望や意見の声自体が弱まってきていることがその証左です。
こうした現在の大学と学生の関係は、こと「管理」という視点からは望ましいものなのでしょうが、現在大学が社会的に求められている「自ら考え学び行動する人間を育てる」というニーズに真っ向から対立するものであり、自主性を重んじてきた法政大学の伝統にも反するもので、強い危惧を抱きます。
こうした状況を改善し、大学と学生双方が協調する「よき師よき友集い学ぶ」キャンパスと、「自由と進歩、進取の気性」を再度法政大学に取り戻すため、以下の改善を求めます。


1.2010年度前期、利用者たる学生への事前告知なしに強行撤去されたピロティ下スペースのベンチの撤去前状態への復元

2.2010年度後期末、学生の協力により意見集約をしたにも関わらず、その結果を無視して一方的に定められた「飲酒ルール(キャンパス全面禁酒)」を撤回し、学生の声が反映されたルールの制定

3.今年度、一方的に短縮された55・58年館屋上開放時間の平常化

4.学内を常時監視する監視カメラの削減

5.キャンパス全門に警備員が配置されている現在の警備体制の見直し、及び学内を徘徊・監視している青ジャージ職員の廃止

6.学生が自由に表現活動を行う場を再生するため、実質的な事前検閲制度となっているキャンパス利用申請の廃止

7.現在CSK・学生センターの二重申請制となっている立て看板申請のCSKへの一元化

8.リノベーション案を踏まえ、55・58年館解体問題での学生の意見を聞き入れる場の構築

9.今後、学生生活に影響を与えるルールを設ける必要が生じた場合、当事者たる学生と協議し許諾を得るための枠組みの構築

10.学生の多様性を尊重すること



以上の要望に対し、12月12日までに文章による回答を求めます。また総長ご自身と学生との間で対話の機会が持たれる事を強く望みます。
18:54  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  編集  |  Top↑

2011.09.16 (Fri)

日曜日にイベントやります。

日曜日にイベントやることになりました。詳しいことは「ゆとり首脳会談」というブログに書いてるよ。

そのブログに載せた文章を転載しておきます。





日本中のみなさま、こんにちは。法政大学飲酒闘争です。


他団体の皆様に「ブログに記事書いてほしい、っていうか早く書け!」とワガママ言いたい放題してたのに飲酒闘争がまだだったので、遅くなりましたが団体紹介とゆとり首脳会談への抱負を書きます。




実は法政大学は昨年まで学内で飲酒自由の夜な夜な宴会が開かれる地上の楽園のような大学だったのですが、今年から何を思ったのか大学が「学内で飲酒禁止! 酒を飲むなら申請して金払え」と言い出しました。


法大生の5割はアル中、もしくはアル中予備軍なので、この大学の決定に血管が数本引きちぎれるくらいに大激怒。そして飲酒闘争が始まりました。



「酒飲めないなんておかしい」とキャンパス中央で酒を飲んで騒ぎを起こしたり(写真中央)
527.jpg




「酒飲むな」と怒られたから、一升瓶に水を入れて宴会してみたり、
みず



炎天下の元、キャンパスにコタツを出して、暑さに苦しんでみたり、
コタツ



頑張って慣れない演説してみたり、
えんぜつ




大学に真面目な抗議文を出してみたりと、基本的におもしろおかしく活動してきました(さらに詳しい活動はブログにて!)。







とり首脳会談は北は北海道、南は八王子まで全国津々浦々の(変な方向に)意識の高い学生がわんさか来るみたいですが、飲酒闘争は一つだけ他団体に絶対に負けないと自信を持って言えることがあります。



それはおバカさです。


他団体の方々が政治学、経済学、社会学の勉強をしているときに、我々は間違いなく麻雀、宴会、理由もなく街をフラフラ、終電なくして路上で野宿など、ろくでもないことをしています!




18日、日曜日は壮大な言論の格闘技が行われることが予想されます。
飲酒闘争は圧倒的なおバカを武器に、「日本のバカ番長は法政」というプライドを持って、視聴者の皆様に主に笑いを提供できるように頑張ります。そのために今から酒飲んどきます、ぐへへ。



それでは日曜日に!
17:32  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  編集  |  Top↑

2011.08.27 (Sat)

日曜日の夜は祭り!!

大変なことが起きてしまった!(最近この出だしが多い!!)





あまりの大変さに僕は親族三親等まで「お祝いして欲しい」と連絡してしまった!!
そして「お盆くらい帰省しろ」と怒られた!






今回もネカフェマンボーの追加料金が怖いから、さっそくですが発表します。





なんと飲酒闘争が…






いいとものテレホンショッキングに呼ばれました!!! パチパチ





ムック
紹介はガチャピンから





…………………………。





ごめんなさい、です。




プレゼント









本当にごめんなさい、今度は真実を発表します!






なんと飲酒闘争が…







素人の乱のネットラジオに呼ばれました!





今度は本当です。
これより上に書いてあることは全部嘘だけど、ここからは全て本当です。




※素人の乱
法大のOB松本哉さんを代表にリサイクルショップや古着屋などを経営している。興味のある人は高円寺を散歩してみるといいかも。また「原発やめろデモ!!!!」も行っている。





本




急だけど明日の夜22時から!
多分ここで聞ける(違ったらごめん)。





あとこれは完全に余談で、飲酒規制問題で松本哉さんは学生センターから「学内でお酒を飲み始めたのは松本哉」と諸悪の根源のように言われることが多い。
前も職員さんと話しているときに「そもそも松本哉というやつがいてだね…」と昔話された。その後に「でも今は反原発とかで社会に良い影響を与えてますよね」と返したら職員さん黙ってしまった!! 職員さんごめん。

(ちなみに、もっと上の年代のOB(複数)の証言によると「もっと昔から学内で酒飲んでたよ。というか飲まないはずがないじゃん」ということだから、この大学の発言の信憑性は怪しい。純粋な若者つかまえて適当なことを言うのは居酒屋だけにしてww)。









話がかなりそれてしまったけれど、ネットラジオにはなにやら他大の変なことをやっている団体・人も呼ばれるらしい。これは大変だ!





そう、これは

飲酒闘争=法大代表なのである。飲酒闘争が法大をしょって立つ日が訪れた!








ブログを見ている、法大生、職員さん、全ての法大関係者のみなさま。
みなさまの言いたいことはちゃんとわかっています…安心してください。





飲酒闘争はきちんと法大を代表して、法大のおバカなところをアピールしてきます。
「いやーさすが法大さん。おバカさでは絶対に勝てませんな、わっはっは」と他の大学をギャフンと言わせて参ります。







ということで、日曜日の夜はおしゃれイズムよりもインターネットラジオをご清聴ください。
20:20  |  飲酒闘争  |  トラックバック(0)  |  編集  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。